カテゴリー:その他・便秘解消

  • ウォーキング

    ウォーキング

    ウォーキングすれば、自律神経を介し、胃腸を刺激することができます。またウォーキングは排便に欠かせない腹筋を鍛えます。腹筋が鍛えられれば、大腸の動きを助け、便を強く押し出すことができます。なおウォーキングと同時に腹筋も鍛えれば、便秘解消効果がアップします。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 体操

    体操・腹筋

    体操には腹筋を鍛えたり、腸の蠕動運動を刺激したりする働きがあると言われています。腹筋には腹部の筋肉を鍛える働きがあると言われています。筋肉を鍛えると腸の弛緩が改善されたり、肛門に十分な圧力を加えたりすることができます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 朝

    マッサージ・ツボ

    マッサージには腸(大腸など)を刺激し、腸の蠕動運動を促進する働きがあると言われています。ツボの中には便秘解消によいと言われているものがあります。なおマッサージ・ツボ(指圧)は別々に行うより、一緒に行うことにより、相乗効果が期待でき、便秘解消効果がアップすると言われているようです。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • オリゴ糖

    オリゴ糖

    オリゴ糖にはビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり、善玉菌を増加させる働きがあります。腸内で善玉菌が増加すると乳酸などの有機酸が産生され、腸内が酸性になり、腸内に悪玉菌が定着しにくくなります。また免疫力も高まり、健康にも役立ちます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にがり

    にがり

    にがりにはマグネシウムが含まれています。マグネシウムは浸透圧作用により、腸壁の外側から内側に水分を吸収する働きがあります。その為便が柔らかくなり、便が腸内を移動しやすくなります。またマグネシウムには新陳代謝を活発にする働きもあります。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • オリーブオイル

    オリーブオイル

    オリーブオイルには腸を滑らかにし、便の移動をしやすくする働きがあります。またオリーブオイルに含まれるオレイン酸には腸の蠕動運動を促進する働きがあると言われています。なおオレイン酸には悪玉コレステロールを減少させる働きもあるそうです。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 下剤

    下剤

    刺激性下剤にはアロエ・センナなどが含まれ、大腸の副交感神経を刺激し、腸の蠕動運動を促進させます。塩類下剤には水酸化マグネシウム・硫酸マグネシウムなどが含まれ、便の水分量を増やしたり、便の量も増やすことにより、腸を刺激して腸の動きを促進します。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ便秘解消

  1. ウォーキング
    ウォーキングすれば、自律神経を介し、胃腸を刺激することができます。またウォーキングは排便に欠かせない…
  2. 水分
    水分を十分に摂取すれば、腸に詰まっている便が水分を吸収し、柔らかくなり、腸内を移動しやすくなります。…
  3. バナナ
    バナナには水溶性食物繊維・オリゴ糖が含まれています。水溶性食物繊維は水分保持能力が高く、便を柔らかく…

おすすめ便秘解消

  1. ココア

    ココア

    ココアには不溶性食物繊維が含まれています。不溶性食物繊維には腸内の水分を吸収し、便のかさを増し、便が…
  2. リンゴ

    リンゴ

    リンゴには水溶性食物繊維が含まれています。水溶性食物繊維は水分保持能力が高く、便を柔らかくして、便の…
  3. アロエ

    アロエ

    アロエにはアロインが含まれています。アロインは腸管からの水分分泌量を増やし、便を柔らかくし、腸内を移…
ページ上部へ戻る